山内千代さんの日記:第28回 大真面目なスイーツ


山内千代6月28日

私はごく普通の女なので、基本的にスイーツ(笑)であることを自覚している。頭の中で、んな男いねーよ!みたいな自分に都合のいい男を常に妄想してる。

女を清楚に飾り立てる、繊細な千代紙のデザイン。それはこのアブナイ妄想がなければ決して生まれない。そして戦国武将どもが振りかざす刀や官位や勝利よりも、私の発明した千代紙の方が人々の心を、魂を、大きく揺さぶる自信がある。

だからスイーツ(笑)万歳!けれど私はスイーツが、実は余り好きではない。スイーツだったらお酒の方が好きだ。

そうか。私が南蛮人から買ってきたこのスイーツ、千代さんはいらないんですね。」と仏の茂助(堀尾吉晴)が、スイーツをぱくりと食べた。「前言撤回、山内千代、スイーツが一番好きです!

嘘でしょ!?相変わらずしたたかなだな~。」「あんたら戦国武将のしたたかさに比べれば、このくらいかわいいもんよ。」「そうでしょうか。

ま、私は戦国武将なんかに負ける女ではないけれど。」「そうやっていつも強がってる千代さんって、かわいいですよね。」と茂助は急に笑い出した。

ちょっと茂助の分際で何笑ってんの?!私はいつも大真面目なんだから!」「わかってます。」とまだ笑ってる茂助から差し出されたスイーツを、私はむくれながら食べた。まったくもー。でもコレ、すっごく甘くておいしいかもしんない!もう一個、いただきます!

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック