山内千代さんの日記:第21回 あなたへ。


山内千代 戦国22年9月10日

あなたへ。

あなたは、世間と同じ様に山内一豊が、つまらない男だと思っているのですか。

あなたへ。

あなたは、細川ガラシャの顔より、私の作る千代紙の方がきれいだと、胸を張って言ってくれますか。

あなたへ。

あなたのお住まいはどちらですか。

家族以外で大切なヒトは、いますか。

あなたへ。

昼間は鶺鴒(セキレイ)の声が、夜には鈴虫の声が聴こえますか。

1%の嘘、偽りのない私の声が聴こえますか。届いていますか。

あなたへ。

あなたは、どこをどう辿って、この日記を見つけてくれたのですか。

これからも、この日記を読んでくれますか。

私は、あなたにいつか忘れられてるその日に向かって、今日もこの日記を綴ります。

こんな少し重たい日記は苦手ですか。

一豊への愚痴をこれからも聴いてくれますか。

あなたへ。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック