後藤又兵衛くんの日記

後藤又兵衛くんの日記:第62回 家老死

読むのにかかる時間:約1分41秒

戦国29年9月4日 自由に生きているヤツってすげーよな。 オレには無理。いつだって上司のいいなり。 なんだかんだその方が楽なんだろうな。 然しながら太閤から明国を制圧しろと命じられたからといって、何の疑問も持たずに朝鮮に… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第61回 ダミアンのハチャメチャ黄海道支配

読むのにかかる時間:約2分1秒

小西行長と黄海道・白河の人々

戦国28年5月28日 文禄の役で、黒田軍は小西行長殿の軍と共にソウルから西上し平壌城を落とした。 そのあと小西殿は平壌に留まり、黒田軍は平壌から兵を返して南下。太閤殿下から指示された担当区域の黄海道(ファンヘド)を統治す… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第60回 明 経略・楊鎬(ようこう)

読むのにかかる時間:約1分20秒

楊鎬(ようこう)

戦国27年12月24日 応仁の乱の混乱から勅撰集(ちょうくせんしゅう)が編纂されなくなって、どのくらいの月日が経つだろう。 歌なんてなくていいの。 だって戦争の方が刺激的。 ってウソだろ、吉兵衛(黒田長政)!? 朝鮮再出… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第59回 ケンチャナヨ-平壌攻撃前夜

読むのにかかる時間:約1分52秒

黒田長政、後藤又兵衛、小西行長、宗義智

戦国27年10月10日 日本の諸将らは太閤の命で朝鮮に侵攻。 第一軍の小西行長殿は、釜山(プサン)に上陸するやいなや、破竹の勢いで北上し、都の漢城(ソウル)を落とし、平壌(ピョンヤン)も制圧した。 第三軍の主君の吉兵衛(… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第58回 福島殿との最後の晩餐

読むのにかかる時間:約1分53秒

広島のお好み焼き

戦国27年6月6日 関ヶ原の戦いで、豊臣秀吉子飼いの加藤清正、福島正則、そしてわが主君・黒田長政は、東軍に属し、徳川勝利に大きく貢献した。 しかし、豊臣最右翼ともいうべき加藤、福島、黒田は、いまだ50万石を誇る大名であっ… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第57回 筒井筒(つついづつ)

読むのにかかる時間:約1分54秒

井筒(いづつ)

戦国26年9月18日 井戸の前に立つと、ふと、伊勢物語の二十三段・筒井筒の場面を思い出す。 ーーー その昔、男の子と女の子は、井戸の近くで遊んでいた。 やがて二人とも年頃になったので、男も女もはにかみ合って一緒に遊ぶこと… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第56回 一瞬だけの又兵衛「殿」

読むのにかかる時間:約1分18秒

黒田官兵衛

戦国26年5月24日 黒田の屋敷の廊下を歩いたら、前方から主君の吉兵衛(黒田長政)がやって来て、 「又兵衛殿、調子はどうだ!」と声をかけられた。 「又兵衛殿!?又兵衛ではなく又兵衛殿!?」と俺は自分の耳を疑った。 「今、… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第55回 俺が一番恐れているもの 

読むのにかかる時間:約1分8秒

菫(スミレ)

戦国26年3月20日 主君の吉兵衛(黒田長政)がそんなにイヤなら黒田家を離れて、別の家に仕官でもしたらどうか。 恐らく俺の過去の日記を読んでくれた君は、そう思うに違いない。 それはそうなんだけど、俺にはそれができなかった… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第54回 今日、酒の席で その3

読むのにかかる時間:約52秒

後藤又兵衛

戦国26年1月14日 今日、酒の席で主君の吉兵衛(黒田長政)が家臣十数人を前にして突然、「馬鹿と頭のいい連中とは共に無害である。生半可(なまはんか)な馬鹿と生半可な智者、これこそが一番危険な存在だ。」と言った。 「自分の… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第53回 今日、酒の席で その2

読むのにかかる時間:約41秒

後藤又兵衛

戦国25年12月8日 今日、酒の席で主君の吉兵衛(黒田長政)が家臣十数人を前にして突然、「凡庸で無能な人間が文筆家の仲間入りすることほどおそろしいものはない。」と言った。 「自分のことですか。」と俺が言ったら「7年もコソ… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第52回 今日、酒の席で その1

読むのにかかる時間:約31秒

後藤又兵衛

戦国25年10月8日 今日、酒の席で主君の吉兵衛(黒田長政)が家臣十数人を前にして突然、「活動的な無知ほどおそろしいものはない。」と言った。 「自分のことですか。」と俺が言ったら「てめえのことだよッ!」とぶん殴られた。 … [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第51回 だるんだるん長政ファイヤー 

読むのにかかる時間:約1分51秒

後藤又兵衛、黒田長政、福島正則、加藤清正

戦国25年7月11日 今日は主君の吉兵衛(黒田長政)が、友達の福島正則殿と加藤清正殿を連れて、福岡の千石峡でキャンプして遊ぶ日だ。俺は雑用係としてお供した。 千石峡に到着するなり、彼らはふんどし姿になって、川に飛び込んだ… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第50回 主君の為には死ねない

読むのにかかる時間:約1分50秒

戦国24年11月3日 昨夜、主君の吉兵衛(黒田長政)を交えて黒田家中10人くらいで飲み会があった。その席で、徳川が大坂城に総攻撃をかけるのも時間の問題だろうという話になった。 「もし関ヶ原の時のようないくさが再び起ころう… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第49回 嘘のつけない軍師

読むのにかかる時間:約1分27秒

黒田長政

戦国24年3月8日 「おい、又兵衛。おまえ、よそで自分の肩書きを、黒田長政の軍師、とか名乗っているみたいだな。」 俺が黒田の屋敷で昼飯を食べている時、主君の吉兵衛(黒田長政)がやって来て、上から俺を見下ろし、そう言った。… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第48回 明日が見えなくても

読むのにかかる時間:約1分26秒

後藤又兵衛

戦国23年11月26日 戦国不景気、不景気っていうけれど、みんな豊かで幸せそうに見える。せっかく戦国武将に生まれてきたにも関わらず、生きている意味がわからない。 明日が見えないのは、主君の吉兵衛(黒田長政)の方だろうか。… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第47回 武功派と呼ばないで

読むのにかかる時間:約1分18秒

後藤又兵衛

戦国23年6月6日 俺が黒田家の屋敷で昼飯を食っている時、主君の吉兵衛(黒田長政)が突然やって来て言った。 「又兵衛よ。わしは我慢ならない。兵庫県生まれのわしが、愛知県生まれの加藤清正、福島正則、山内一豊、加藤嘉明、堀尾… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第46回 黒田主従PARADOX

読むのにかかる時間:約58秒

後藤又兵衛

戦国23年2月18日 今日も俺の主君の吉兵衛(黒田長政)は、黒田家中を集めて朝礼をやった。 「自分が嫌っている人間が、自分を好きになってくれるわけがない。つまり、又兵衛が俺を嫌っているから、わしも又兵衛が嫌いなのだ。」と… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第45回 黒田長政のうた。Ⅱ

読むのにかかる時間:約50秒

後藤又兵衛

戦国22年12月16日 弱い者には強く、強い者にはメッポー弱い。今日もヒトによって堂々と忙しく態度を変えてるのね。 それは黒田長政。おっさんになった今でも、誰よりも純情背負っている俺の上司、黒田長政。 周りが右と言えば、… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第44回 黒田長政のうた。

読むのにかかる時間:約1分4秒

後藤又兵衛

戦国22年11月5日 自分よりデキる人間を見つければ、すぐに荒さがし。 和気あいあいを、和気藹藹って漢字で書けるんです。って知識の披露は自分に自信がない証拠。 誰にも興味がないフリ。けれど、みんなから注目されなきゃ気が済… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第43回 鷹狩による身分制度

読むのにかかる時間:約1分15秒

後藤又兵衛

戦国22年8月12日 江戸幕府を開かれた大御所様(家康)は、鷹を最高権力者の象徴とし、諸大名に許可なく鷹狩を行うことを禁止した。 そして将軍家が鷹狩によって捕えた獲物は、贈答品として諸大名に贈られた。しかし家格によって下… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第42回 くろっちです!

読むのにかかる時間:約1分5秒

後藤又兵衛

戦国22年7月2日 今夜は黒田家の屋敷で、主君の吉兵衛(黒田長政)と重臣たちとで、宴会することになった。 幹事を任された俺は、料理と酒の手配をし、重臣たちを宴会する部屋にかき集めた。そして最後に自分の部屋で仕事している吉… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第41回 ※但し黒田長政に限る

読むのにかかる時間:約34秒

後藤又兵衛

戦国22年4月28日 「後ろのヒトの視界をさえぎる、長方形の大きな黒い兜をかぶっても構わない。 ※但し黒田長政に限る。 あのレインボーより輝く、親の七光でも構わない。 ※但し黒田長政に限る。 又兵衛のサービス残業、大歓迎… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第40回 あぶら取り紙

読むのにかかる時間:約1分11秒

後藤又兵衛

戦国22年3月29日 俺は京に出張しに行って、今日、福岡に帰って来た。黒田の屋敷で、主君の吉兵衛(黒田長政)に、俺は出張費として宿(やど)代と交通費を請求した。 「誰が宿に泊まれてつった?野宿しろよ。」と吉兵衛は、交通費… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第39回 我が主君からの年賀状

読むのにかかる時間:約1分20秒

後藤又兵衛

戦国22年1月1日 今日は元旦。自分ちでひとり酒を飲みながら、俺は届いた戦国年賀状を見ていた。今年は珍しく、主君の吉兵衛(黒田長政)からも届いていた。 年賀状の右側に、「謹賀新年 戦国22年元旦」とあり、その隣りに「GM… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第38回 明智光秀の幻の名著

読むのにかかる時間:約1分9秒

後藤又兵衛

戦国21年12月14日 今日の昼間、俺は書物を読みながら、勤め先である黒田家の長い廊下を歩いていた。読んでいる書物のタイトルはズバリ、「理不尽な上司との接し方」。明智光秀殿著作のまぼろしの名著だ。 いろいろと為になること… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第37回 見てみたい顔

読むのにかかる時間:約1分9秒

後藤又兵衛

戦国21年11月17日 今朝も、主君の吉兵衛(黒田長政)が家臣を大広間に集めて長々と朝礼をし始めた。早くおわんねーかなと聞いていたら、「又兵衛!腕組みして主君の大事な話を聞くなッ!」と吉兵衛が俺に向かって怒鳴った。 「申… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第36回 黒田家を出て行く又兵衛

読むのにかかる時間:約1分15秒

後藤又兵衛

戦国21年10月21日 今日、主君の吉兵衛(黒田長政)の部屋に、俺はひとり呼び出された。俺が先日、大坂・堺に発注ミスした鉄砲50丁が、今日ここ福岡に届いたからだ。 「堺は返品不可の一点張りだし、こんな古式の鉄砲、飾りもん… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第35回 武者返しまんじゅう

読むのにかかる時間:約1分22秒

後藤又兵衛

戦国21年9月10日 今日は、主君の吉兵衛(黒田長政)と俺を含めた黒田の重臣7人で、新田開発について話し合った。黒田藩には意外に、百姓が少ないことが発覚。耕す者がいなければ、開発しても土地が荒れるだけだ。 問題点は次から… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第34回 兜の交換

読むのにかかる時間:約1分12秒

後藤又兵衛

戦国21年8月5日 今年も主君の吉兵衛(黒田長政)による、黒田長政様初陣記念日がやって来た。この意味不明な行事の中で、毎年、吉兵衛は友達の福島正則殿と兜の交換をしている。 「この行事も、戦国デイズで三年目を迎えるし、記念… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第33回 遅刻の理由

読むのにかかる時間:約55秒

後藤又兵衛

戦国21年7月17日 俺はずっと主君の吉兵衛(黒田長政)のそばに仕えてきた。賤々岳の戦いに、関ヶ原の戦い-吉兵衛の活躍は、誰よりも近くで見てきた。朝鮮でのいくさでは、吉兵衛と俺は同じ地獄を見てきた。黒田の兵を無事に日本に… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第32回 又兵衛の印鑑

読むのにかかる時間:約55秒

後藤又兵衛

戦国21年6月10日 仕事に使う、自分の印鑑が壊れたので、黒田家庶務課に新しいのを作ってくれと先日頼んだ。すると何故か主君の吉兵衛(黒田長政)が、俺の印鑑を作ってくれた。印鑑には異国の文字でGMと刻まれていた。「何ですか… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第31回 黒田長政の溜息

読むのにかかる時間:約40秒

後藤又兵衛

戦国21年5月18日 今月は働きづめで、一日しか休んでない。ぶっ倒れる前に休まないと。俺は休暇届を書き、これを受理してもらう為、主君の吉兵衛(黒田長政)がいる部屋に行った。 「今日で五人目。」と吉兵衛は嫌味を言って、俺の… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第30回 島左近発見

読むのにかかる時間:約1分20秒

後藤又兵衛

戦国21年4月24日 俺が屋敷の廊下を歩いていたら、前方から主君の吉兵衛(黒田長政)が険しい顔でやってきた。福島正則殿も一緒だ。 「又兵衛!島左近は今、九州にいるという情報を得た!今からわしは左近を捕まえてくる。友達の福… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第29回 親の七光の会

読むのにかかる時間:約1分

後藤又兵衛

戦国21年3月26日 主君の吉兵衛(黒田長政)は、先日「親の七光の会」をひとりで創設した。 一年前、細川忠興殿と池田輝政殿が創設した「戦国ファザコンの会」に対抗したらしい。 「親の七光の会に入ってくれる武将は誰かいないか… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第28回 美談地獄

読むのにかかる時間:約1分4秒

後藤又兵衛

戦国21年2月23日 今日は主君の吉兵衛(黒田長政)が、朝礼をすると言って家臣一同、黒田の屋敷に集合させた。吉兵衛は皆が集まった所で、ひとつの陣羽織を皆に見せた。「これはわしの陣羽織であるが、これににまつわる話を今日はひ… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第27回 「ちゃん」付け運動

読むのにかかる時間:約1分2秒

後藤又兵衛

戦国21年1月23日 朝一番、主君の吉兵衛(黒田長政)が、黒田の屋敷に家臣一同を集めた。 「黒田家では、上に立つ者と、下で働く者とのコミュニケーションを円滑にしたい。そこで今日から、「さん」づけ運動ならぬ、「ちゃん」づけ… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第26回 バケツの水

読むのにかかる時間:約1分20秒

後藤又兵衛

戦国20年12月30日 年末なので、俺の仕官先の黒田家も今日は大掃除だ。俺は屋敷内の一番長い廊下を、担当した。廊下の端から端まで、雑巾がけで二往復した所で、主君の吉兵衛(黒田長政)がやって来た。 「わしも掃除をしよう。」… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第25回 風邪を引く長政

読むのにかかる時間:約1分24秒

後藤又兵衛

戦国20年11月25日 今日は主君の吉兵衛(黒田長政)によって、家臣一同、黒田の屋敷に集められた。我が国、筑後国(福岡県)の治水工事の件で、予算や人員のことなどを、話し合わなければならなかったからだ。 吉兵衛は、大広間に… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第24回 黒田家の三種の神器

読むのにかかる時間:約1分13秒

後藤又兵衛

戦国20年10月22日 今日は、屋敷の大広間で、主君の吉兵衛(黒田長政)の朝礼を黒田の重臣たちと聞かされた。 「黒田家の三種の神器を答えてみろ!」と吉兵衛は突然叫んだ。何ですかそれは?と俺が聞くと、吉兵衛は「わしの亡き父… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第23回 清正、正則、長政トリオ

読むのにかかる時間:約1分13秒

後藤又兵衛

戦国20年9月27日 なんか、暑い。熱気がむんむんする。と思ったら、屋敷の庭で主君の吉兵衛(黒田長政)が、加藤清正殿と福島正則殿と三人で、槍の稽古をしていた。吉兵衛はいつの間に清正殿と、福島殿を屋敷に呼んだのだろう。この… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第22回 長政の初陣

読むのにかかる時間:約1分11秒

後藤又兵衛

戦国20年8月11日 今年も一年で、一番ウザい行事がやって来てしまった。主君の吉兵衛(黒田長政)の自己満足行事、その名も、黒田長政様初陣記念日。 このクソ暑い中、今日は朝6時から、明日の黒田長政様初陣記念日の準備の為、黒… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第21回 必殺!ことわざ攻撃

読むのにかかる時間:約1分7秒

後藤又兵衛

戦国20年7月23日 今日は主君の吉兵衛(黒田長政)が、屋敷の広間で「わが城にもうひとつ、櫓(やぐら)を建てたいと思う。もっと軍事力を高めたい。」と、 家臣たちに言った。 「関ヶ原の戦いは徳川の勝利に終わり、この平穏な時… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第20回 福島正則の迷走

読むのにかかる時間:約58秒

後藤又兵衛

戦国20年6月17日 今日、黒田の屋敷に、主君の吉兵衛(黒田長政)に会いに、福島正則殿が遊びに来た。吉兵衛は福島殿を客間に通し、俺も同席を許された。吉兵衛は、「敵をお味方に寝返らせる方法」という書物を自分で勝手に執筆して… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第19回 戦国にGWはない

読むのにかかる時間:約49秒

後藤又兵衛

戦国20年5月13日 仕事で加藤清正殿の屋敷に出張に行っていた、主君の吉兵衛(黒田長政)が今日、20日ぶりに帰って来た。俺が出迎えると、いきなり「又兵衛は、ゴールデンウィーク何をしていたッ!」と聞いてくるので、俺は「家で… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第18回 戦国ファザンコンの会

読むのにかかる時間:約1分18秒

後藤又兵衛

戦国20年4月17日 今日は黒田の屋敷に池田輝政殿がやって来た。俺の主君・吉兵衛(黒田長政)は、輝政殿を客間に通し、俺も同席した。 「この度、細川忠興(ただおき)殿と私、輝政とで、戦国ファザコンの会を作りました。忠興殿は… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第17回 絵文字

読むのにかかる時間:約51秒

後藤又兵衛

戦国20年3月4日 先月末集計した、鉄砲の棚卸しデータと、帳簿上の鉄砲の在庫数とが、どうしても合わない。俺はサビ残(サービス残業)して、不足している分の鉄砲が黒田の屋敷のどこにあるのか探し回っていた。その時「又兵衛!」と… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第16回 主従のチョコレート交換

読むのにかかる時間:約47秒

後藤又兵衛

戦国20年2月12日 今日、主君の吉兵衛(黒田長政)に「又兵衛は去年、戦国チョコレートをいくつもらったッ!」と聞かれた。俺はひとつももらってないと言った。すると吉兵衛は「じゃあ、今年はわしと戦国チョコレート交換でもしてみ… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第15回 気持ちわるい人間像

読むのにかかる時間:約55秒

後藤又兵衛

戦国20年1月7日 正月休みも終わり、今日からまたこの一年、主君の吉兵衛(黒田長政)と顔を合わせなければならないと思うと、オェ!吐き気がする。 黒田家屋敷の大広間で黒田家中30人くらいで、吉兵衛のお出ましを寒さに耐えなが… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第14回 ぐるぐる長政

読むのにかかる時間:約37秒

後藤又兵衛

戦国19年12月20日 今日は主君の吉兵衛(黒田長政)が「又兵衛は、クリスマス、何をして過ごすのじゃ。」と聞いてきた。「別に何も。というか、戦国にクリスマス、ないでしょう。」と俺は言った。 吉兵衛は肩がこったらしく、自分… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第13回 うるさい長政

読むのにかかる時間:約51秒

後藤又兵衛

戦国19年11月16日 今日、ランチタイムに弁当を食べてたら、主君の吉兵衛(黒田長政)が俺の隣に座ってきて、いきなり「亡くなったわしの親父(黒田官兵衛)の、あの渋さ、たたずまいは、現代で言うと、菅原文さん、もしくは山崎努… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第12回 居酒屋又さん

読むのにかかる時間:約1分1秒

後藤又兵衛

戦国19年10月18日 今日、黒田家の重臣たちと財政について話合っていたら、主君の吉兵衛(黒田長政)が、いきなり部屋のふすまをガラッと開けて、俺に向かって怒鳴った。「又兵衛!貴様はわしのいない所で、わしのことを、吉兵衛呼… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第11回 島左近に怯える黒田隊

読むのにかかる時間:約57秒

後藤又兵衛

戦国19年9月20日 今日、何気なく、主君の吉兵衛(黒田長政)に俺が、「関ヶ原の戦いで討ち取ることができなかった、島左近(しまさこん)が京にいるという噂を聞きました。」と言ったら「だったら、さっさと左近の首を取ってこい!… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第10回 黒田長政様初陣記念日

読むのにかかる時間:約51秒

後藤又兵衛

戦国19年8月10日 今日、主君の吉兵衛(黒田長政)に「又兵衛!黒田家にお盆休みなんぞ、庶民的なものはないからな!」と怒鳴られた。毎年ねえのに、なんで毎年同じことで、怒鳴ってんだよ。「お盆休み取りたくとも、黒田家には有給… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第9回 明智光秀の様な家臣

読むのにかかる時間:約36秒

後藤又兵衛

戦国19年7月11日 今日、主君の吉兵衛(黒田長政)が「わしは織田信長公に似ているらしい。」と言った。俺は無視した。続けて吉兵衛が「常に、時代の先を読む所が、織田信長公と特に似ているらしい。」と言った。 「でも幸か不幸か… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第8回 Kuro MGMS

読むのにかかる時間:約51秒

後藤又兵衛

戦国19年6月8日 今日、主君の吉兵衛(黒田長政)が自分の印鑑ができたと言って、俺に見せに来た。異国の文字で「Kuro MGMS」と書かれてあった。吉兵衛は得意げに「この文字が読めるか。」と言ってきた。「読めません。」俺… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第7回 温泉に行く長政

読むのにかかる時間:約46秒

後藤又兵衛

戦国19年4月27日 今日、主君の吉兵衛(黒田長政)が「又兵衛はGW(ゴールデンウィーク)は何をするのじゃ。」と聞いてきた。「温泉でも入りたいです。」と答えたら、「戦国にGWがあるわけなかろう!!」と怒鳴られた。はあ?!… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第6回 又兵衛の誕生日

読むのにかかる時間:約33秒

後藤又兵衛

戦国19年4月3日 今日はいくさだった。まだ勝敗はついてない。明日に持ち越し。大事には至らなかったが、肩に敵の矢が刺さった跡がまだキリキリ痛む。やけになって酒を飲んでいる所に、主君の吉兵衛(黒田長政)がやってきた。 また… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第5回 ワインデビュー

読むのにかかる時間:約30秒

後藤又兵衛

戦国19年2月26日 俺の主君の吉兵衛(黒田長政)が俺に異国の赤い酒を薦めた。「どうだ、うまいだろう。何でできているか知っているか。」「さあ。」「林檎だ!!」と吉兵衛が叫んだ。 マジかよ、嘘だろう?!ブドウじゃないのか。… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第4回 埋まらない喪失感

読むのにかかる時間:約34秒

後藤又兵衛

戦国19年1月28日 思えば、黒田官兵衛さまという殿様を失ってから俺の心はぽっかり穴が空いてしまって、もう何年も死んだように生きていたのかもしれない。信じきっていた主君を失った武士は、生きる意味をも失う。 官兵衛さまの長… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第3回 長政の正月の過ごし方

読むのにかかる時間:約40秒

後藤又兵衛

戦国19年1月4日 正月休みも終わり、今日から登城。今年もまた、主君の吉兵衛(黒田長政)と顔を合わさなければならないと思うと、はあ、無力感におそわれる。と思いながら、城内の廊下を歩いていたら、後ろから、「又兵衛、正月は何… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第2回 あくまでインテリな長政

読むのにかかる時間:約33秒

後藤又兵衛

戦国18年12月19日 今日黒田家に福島正則殿が遊びに来て、俺の主君の吉兵衛(黒田長政)と兜の交換をして、お互い楽しそうだった。 福島殿が帰った後、吉兵衛に「殿と福島殿はなんか雰囲気が似てますね。」と言ったら、吉兵衛がす… [続きを読む]

後藤又兵衛くんの日記:第1回 俺の主君、黒田長政

読むのにかかる時間:約33秒

後藤又兵衛

戦国18年12月9日 頼むよ、吉兵衛(黒田長政)。安定が人を駄目にするからって、黒田家は、戦国健康保険も戦国厚生年金も廃止するって、そりゃないだろう。大名家のすることじゃないだろう。 昔、俺は吉兵衛の教育係だった。その時… [続きを読む]